______________________________________________________________________________________________________________________________

02/4 おなまえ:通りすがりの二次元ラバー さん
Q:ほばる・通信販売1・2・てるてぃるシリーズ・COWCAWをプレイした上の感想です。
  少々長くなりますのが、ご 容赦下さい。 全体的に見て、ラバースーツ系の同人ゲームにしては
  ラバースーツ等のシーンや画像が少ないと感じました。作 品によってはラバーシーンは少し。
  あとはラバー着ないで普通なエッチシーンや怪物化ばかりとかな作品もあり ますし、
  今の倍くらいラバースーツ系シーンを増やした方が言いと思います。
   それと、ゲームのボリューム的に見て、badendが多すぎると思います。(タイプムーンじゃないのに)
   ここから下ははあくまで要望ですので、できればで良いです。
  1・パッケージに使われている画像は本編シーンに追加しないのでしょうか?
   ほばるといい通信販売といい、パ ッケージ画像のシーンが無くてガッカリしたので、
  できれば追加して欲しいです。 2・個人的にラバーだけでなく開口マスクや貞操帯も好きなので、
  次回作のラバーシーンに追加したりして欲し いです。 3・次回作は怪物化や過剰な肉体改造や
  スカトロをしない、純愛というか明るめな雰囲気のラバースーツ系調教 物とかを作って欲しいです。
  今までの作品は時折ハード過ぎて本気でドン引きしたり、気分が悪くなるシーンあ ったので、
  可能な限りそういうのを排除したラバー物をやってみたいです。
   感想より要望の方が多くなるとか、変な文を書いて申し訳ありません。
  貴方の一ファンとして、これからも応援させて頂きます。 バキュームベッドなどのプレイをもっと追加して欲しいです
  追記:
  一番良かったのは通信販売?と?です。あの作品は特に心に来ました。

A:
なるほど、ですねー。
  ほばる、僕妹弟、てる天などは、ラバーは1つのコスチュームであり、私がゴムが好きで、
  好きだから好きな子とはゴムで、というくらいの感覚で描いていただけで、
  シナリオがあって、その中に演出としてラバーのイベントCGやら、怪物化がある、みたいな感覚なのですよ(汗
  だからちょっと、とおりすがりさんの期待には添えなかったのかもしれません。
  >バッドエンド
  どの作品でもですが、何か伝えたいことやら、自分の感覚を共有して欲しいとか、そういったメッセージを
  ちらほらと込めたギャグでありながらシリアス?なものを作っているつもりなので、タイプムーンとは雲泥の差が
  ありますが、定食的にはバッドエンドも必要な数を配置しているつもりです・・・。逆にバッドエンド待ってる人もいますし(苦笑
  逆に辱めての通信販売 なんかはあれはもう「ラバーフェチの主人公がラバーフェチのヒロインとラバーで
  純愛する」というのがコンセプトの作品なので、ご期待に添えたのではないかなぁとおもいまス。
  当時、私がやっぱりラバー好きで、ラバー好きな女の子と出会えたらなぁと強く思っていたときにできた作品ですし。
  COWCAWは、また真逆に。私が抱いていた嫌世感等を元に作っているので、「世の中がもう嫌。何処までも堕ちたい」
  という退廃的展開が主になっています。(私はみどりと違って頭悪かったですけどね)
 
  >パッケージについて
  市販のエロゲや同人誌と同じような感覚で、パッケージ用だけに描いています。
  インパクトがないと、知名度が無いのでそもそも手にとってもらえませんし・・・シナリオとの兼ね合いもあるので
  時間がどうしても押していてイベントcgをパッケに使うことがあっても、パッケに描いた絵をシナリオに
  組み込むことは難しいかなと・・・
  
  また、器具類については、ある程度参考にさせていただきます

  >次回作以降について 
  これはー・・・もうスカトロしないよ!とはいえないんです。
  怪物化するのはシナリオの流れ的に必要な演出だったりですし、スカトロやら肉体改造なども、
  場の流れからして「よりハード」や「バッドエンド」「残酷な展開」に持っていく必要があるときはやっぱり入れたくなります。 
  それに、ああいったものが欲しいという方もいたり、はたまたあれでもまだ温いという方もいたり(苦笑
  
  作品作りをするときには、何かそれを作ろうとする「引き金」が必要なので、
  今後、ご期待に備えられるかどうかは、正直私もわかりません。
  そのときの引き金がネガティヴなものであれば、どす黒い作品ができるし、
  ポジティヴであれば、純愛的な作品ができるし。

  でもまたいつか、満足いただけるような形の作品で、応援の気持ちにこたえられたらな、と思います。
  貴重なご意見、ご要望、ありがとうございました。